DIARY

画像: バリ島の魅力シリーズ② 憎めない人々

バリ島の魅力シリーズ② 憎めない人々

2014年12月07日

バリの人達はとってもフレンドリーでお話好き!!
ホテルや、タクシーや、エステ等で、
ニコニコと笑顔で話しかけてくる人々。
初めて訪れた人はその人懐っこさに思わず心を許してしまうはず。

しかしその笑顔には注意が必要です。



なぜなら、、、


バリの人々は笑顔でわるぎなく嘘をつくのです(;_;)
わるぎなくというのがポイントで、
彼らからすれば嘘をついているという認識がないような気がします。
ノリがよく会話も楽しいのですが、
お金やビジネスが絡んだ話にはくれぐれも注意してくださいね(x_x;)
私も何度か騙されました笑


とはいえ、
せっかく訪れた異国の地、
騙されないように注意しつつも異文化交流を楽しみたいですね!



バリ島には主に、
元々島に住んでいるバリ人と、ジャカルカやその他の小島から移り住んできた人達とに分かれるそうです。
私たちが観光で訪れた先で働いてる人達は主にバリ人、
少し肉付きがよく、日本で言う沖縄顔です。
繁華街の露店や、土木工事などしている人達がジャカルカ人、
痩せていて眼光も鋭く小柄です。
やはり貧富の差が激しく、
ジャカルタ人は仕事に中々付けず、
住む場所も分けられています。

ずいぶん前に訪れた時にジャカルタ人の少年に、
彼の住んでいたエリアと現在住んでいる家を案内されました。
長屋とも呼べないような、
トタン製の小さな小屋が軒を連ね、
子供達は体を折り曲げて(立ち上がるほどの高さがないため)
小屋の中からこちらを見ていました。

少年はシルバーの加工の仕事をしていると言い、
四畳ほどの鍵やドアのないアパートに住み、
丁寧に丁寧に掃除をして部屋中をピカピカに磨いていました。

日本人やオーストラリア人が楽しくショッピングをする繁華街を少し裏道に入った所での風景です。


さて、そんな彼に友情の案内をしてもらい気を許した私は、
まんまと彼の奨めるサプリを高額で騙されて買ってしまったというオチがあります(*_*)
どこまでも生きるためのパワーにあふれているバリ島の人々!
私たち日本人も見習わないといけませんね(*^-^*)


写真は商品を日本に送る際にパッキングをしてくれるカーゴ会話のグデさんです。
ナルシストで写真好きです笑
ホーム | SHOPPING CART 特定商取引法表示 | ABOUT SHOP
Powered by おちゃのこネット